他の職種ではできないこと

武次 寛平

担当業務とそのやりがい

パスカル担当として一番やりがいを感じるのは、子どもたちが満面の笑みで『成績上がった!』と言ってくれる時です。彼らの成績が上がるまでには、担当として、カウンセリング・テキストの選別・チューターの手配・進行状況の確認など様々な業務がありますが、全てがマッチングし、満足してもらえた時、この仕事をして良かったと思うことができます。子どもたちと保護者と連携して、目標に向かって一緒に歩んで行ける担当として、日々業務に携わっています。

英進館で働きたい方へ

私たちの仕事は、子どもが成長していく過程を一緒に過ごすことができ、成績が上がれば子どもを褒め、受験に合格すれば一緒に歓喜できる、他の職種ではできないことを経験できます。そして、それを経験するために英進館職員は胸が張り裂けんばかりの熱い情熱を注いでいます。一緒に情熱を注げる仲間を私たちは待っています!

先輩の声一覧を見る