失敗が許されない仕事

近藤 拡樹

担当業務とそのやりがい

私は小学部、中学部の理科と小学校低学年の玉井式国語的算数教室を担当しております。指導する立場ではありますが、指導するばかりでなく生徒からの疑問に対して「そんな考え方もいいね。」と驚かされることもあります。
また、指導している生徒が「なるほど」と思えるような授業や解説を心がけております。生徒たちが「わからなかったところがわかるようになった。」と言ってくれることが私にとってのやりがいです。

英進館で働きたい方へ

英進館は通塾している生徒の人生を預からせていただいています。そのため、失敗が許されないところもあります。しかし、英進館には手助けをしていただける先輩職員がいます。また、科目内、科目間でのライバルもたくさんいます。そういった環境の中で、どうすれば自分の存在がどれだけの人を動かせるか、生徒の心を動かせるかを日々考えています。ぜひ、英進館で共に働きましょう。お待ちしています。

先輩の声一覧を見る