責任感と誇り

横溝 勇輝

担当業務とそのやりがい

私は、小学部・中学部で社会科を担当しております。入社直後から担当クラスを受け持ち、授業を任せてもらったり、合宿などの行事にも参加したりしています。生徒の人生に関わるという仕事は責任が重く、予習などの準備も相当量必要ではありますが、生徒の「そうなんだ」「なるほど」という顔や、「成績上がったよ」と報告に来てくれる笑顔が私の原動力になっています。英進館の教師というのは、生徒の笑顔のために努力を続けられる、非常にやりがいのある仕事だと思います。

英進館で働きたい方へ

教師というのは、発する一言一言、一挙一動が生徒の人生に、少なからず影響を与える、非常に責任の重い仕事です。さらに、英進館では、一年目から合宿など様々な行事に参加することができます。一年目から、これだけの責任館と誇りを持って、仕事に取り組める職業・会社はそう多くはないと思います。一年目から責任のある仕事をしたい方の中で、生徒・保護者のことを第一に考えることのできる方、英進館で一緒に働きましょう。お待ちしております。

先輩の声一覧を見る