最大の社会貢献

沖 洋祐

担当業務とそのやりがい

小学部・中学部の国語を担当しています。「何を問われているのか?」「どうすれば相手に自分の考えが明確に伝わるか?」を生徒に考えてもらうことが、自分にできる最大の社会貢献になると信じて、熱意ある授業を心がけています。生徒たちが成長・合格していく姿を見ると、「勉強は生徒の将来を楽しいものにする」という確信を持って働けるので、日々が充実しています。

英進館で働きたい方へ

子供達はついつい「今の自分」を中心にものごとを考えがちです。それを「夢・将来」を中心にしてもらうためには、教師が妥協なく、目標のために全力を尽くす姿勢を見せる必要があります。子供達は、本当によく大人の背中を見ているものです。「力を尽くせば尽くすほど、子供達からダイレクトに反応が返ってくる職場」。少しでも琴線に触れるものがあれば、きっと英進館で得られるものがあると思いますよ。

先輩の声一覧を見る