全ては子どもたちのために

堀本 雄太

担当業務とそのやりがい

私は小学部・中学部で国語科を担当しております。入社1年目からクラス担任や、受験クラスの授業を任せていただき、さらに合宿などの行事にも行かせていただいています。授業以外にも業務は多く、1日はあっという間にすぎてしまいますが、やはりやりがいを感じるのは生徒の「わかった!」という言葉や表情を直に聞いたり感じたりしたときです。英進館で働く上での全ての原動力は子どもたちのよるものです。「全ては子どもたちのために」と思える非常にやりがいのある仕事です。

英進館で働きたい方へ

私は英進館に入社して、初めて本物の“やりがい”というものを肌で感じました。仕事に“やりがい”を求めている方にとっては、最高の職場環境が整っています。自分の一挙一動、一言一句がほんの少しでも子どもたちの夢に影響を与えるというのは素敵なことだと思います。またそれに伴い、当然責任の重い仕事でもあります。ぜひ、英進館に入社してに“やりがい”を感じてほしいと思います。

先輩の声一覧を見る