結果が出るには理由がある

南 達也

担当業務とそのやりがい

小学部と中学部の教場の全学年の理科を担当しています。また、英進館全体の仕事として小4の理科のカリキュラム・教材の作成も任せてもらっています。入社以来、理科の担当が教場に1人で初めはプレッシャー大きく不安もありましたが、今は自分の力で必ず力をつけるんだという責任感に変わってきています。今後も入試を通じて成長していく生徒を見守りながら、この先生のおかげで成長できたと思ってもらえる教師でありたいです。

英進館で働きたい方へ

英進館では各部門ごとで結果を求められる場があります。しかし、結果が出るには理由があり、きちんと目標を立てて動いた時には結果が出ます。目標を達成した時の喜びは大きくやりがいにもつながりますし、そのうえ、結果を出すことでさらに重要な仕事を任せてもらえます。各教場での仕事からはじまり、科目での仕事、全社的な仕事。幅は広く、奥が深い職場です。自らも成長をしたい人はぜひ一緒に働きましょう。

先輩の声一覧を見る