どんな疲れも吹っ飛びます

楢原 隆太

担当業務とそのやりがい

私は、小学部・中学部の社会科を担当しています。社会の力を伸ばすには、まず「社会」という教科に興味、関心を持つことだと思います。その上で繰り返し反復を重ねることで社会の力は伸びると考えています。私は教師として生徒のやる気をいかに引き出し、勉強に対するモチベーションを上げることができるのかを常に考えています。教師として教壇に立つにあたり、自分の発言ひとつで生徒にあたえる影響ははかりしれないものがあると感じています。ですから、発言や言動には細心の注意をはらって授業を行い、生徒と関わるように心がけています。生徒の喜ぶ顔をみることがなによりの自分の教師としてのモチベーションになっています。

英進館で働きたい方へ

生徒から「先生の授業わかりやすい! 楽しい! 先生がいい!」などと言われたら、どんな疲れも吹っ飛びます。人と関わるのが好きな方、また子供が好きな方、人に教えるのが好きな方、とてもやりがいがあり、とても楽しい仕事です。
ぜひ私たちと一緒に英進館で働きましょう!やる気のある方と共に働くことのできる日を楽しみにしております。

先輩の声一覧を見る