子どもたちの真剣さ

古賀 哲明

担当業務とそのやりがい

小学生と中学生の国語を担当致しております。小学生については受験学年も担当させて頂き、日々子どもたちの真剣な眼差しを前に良い緊張感を覚えながら、充実した毎日を送っています。子どもたちの国語力向上の手助けをするのは当然ですが、生徒たちの人間成長の過程において、より良い刺激を少しでも与えることができればと思っております。

英進館で働きたい方へ

子どもたちは真剣です。彼らの真剣さは、その思いが純粋なものであればあるほど、決して裏切ってはならない種類のものです。ですから、当然こちらも毎日が真剣勝負です。間主体性によって「私」というものが形成されるのだとするならば、そういった生徒たちとの相互性は、自らの自己実現の過程においても非常に有意義なものとなるでしょう。共に頑張りましょう!

先輩の声一覧を見る