英進館 採用情報【ヒトづくり】

英進館とは

社長が英進館を語る

  • 英進館の想い
  • これからの英進館

企業理念を絡めた英進館の紹介 自立した社会人を育成する。

 英進館は「進学塾」です。私たちに求められている仕事は、子供たちの学力・成績を向上させ、志望校合格に導くこと――。ですから私たちは、「合格実績」にとことんまでこだわり、その熱い思いが今春も、久留米附設、ラ・サール連続日本一などの突出した合格者数として結実しました。私たちの「合格実績へのこだわり」は、今後も変わることはありません。

 ただし子供たちの人生において、「志望校合格」はひとつの「通過点」にすぎません。まだその先には、就職・就業し、一人の立派な社会人として、自分の夢を実現する――という長い道のりが待っています。ですから教育を仕事とする、私たちがなすべき指導の本質は、「子供たちを自立した社会人に育てること」だと考えています。

自立した社会人を育成する。

 私たちが常に追い求める、この二つの信念「合格実績へのこだわり」と「自立した社会人の育成」。一見全く別々のことのようで、目指す先にあるのはどちらも「子供たちの将来の幸せ」です。――子供たちが英進館で学び、「志望校合格」を目指す。受験勉強という体験を通して、挑戦しようとする意欲、乗り越えようと努力する姿勢、そして自分を支えてくれた、まわりの人々への感謝の気持ちを身に付け、「自らの力で未来を切り開く、魅力ある大人へと成長」していく――その時、子供たちが掴み取る幸せな人生こそが、私たちの理想です。

 教科・進路の指導だけでなく、人と会ったときには大きな声で挨拶をする、何かしてもらったらお礼をいうなど、人として当たり前のことを教えるのも、子供たちの将来の幸せのために他なりません。

 英進館では、そんな想い(理念)を全社員が共有し、「目の前の子供たちのために、今自分には何が出来るのか」を日々追求しています。教師はもちろん、事務社員にいたるまで、誰一人としてその「想い=軸」がブレていないことが英進館の最大の強みであり、成長の要因だと思っています。

教育に対しての思い 頑張ればいいことがあるんだ、
ということを子供達に教えたい。

 シンプルだけど、これに尽きます。

 今の教育には、この基本的なことが欠けているのでは…と日ごろから感じています。「こんなことを勉強しても、何の役にも立たない」という声を、子供に限らず大人の人からもしばしば耳にするのですが、私はそのたびに「そんなことはない!」と強く思います。

頑張ればいいことがあるんだ、ということを子供達に教えたい。

 何か疑問にぶつかった時、自分で調べたり勉強したりして解答を見出す。挑んだ疑問・難問の数だけ、色んな知識・技術や解法を体得し、今まで見えなかったものが見えるように、できなかったことができるようになる。もちろん、見えるように・できるようになるまでには、時として困難もありますが、苦労の末に成し遂げた時の喜び・達成感は、なにものにも換えられません。勉強って本来、そんなワクワクとするとても楽しいものなんです!

 また、スポーツでも勉強でも受験でも、「頑張る」人はそれだけ壁にぶつかる回数も多くなるはずです。その回数が多いほど精神が鍛えられ、人として逞しく成長していくのではないしょうか。努力こそが、自分を磨き、光り輝かせる――素晴らしいことですよね。

「勉強は楽しいもの」「頑張ればいいことがある」。この基本をしっかりと、子供たちに伝え続けていきたいと思います。

どのような人材に魅力を感じますか。 人の心を動かすもの、それは人の心でしかない。

 私はそう確信し、社員も皆同じ思いを胸に、日々教壇に立っています。

 英進館の社員になるために必要なこと、それは決して高い学力・学歴ではありません。本気で子供たちとぶつかり、子供たちの心を揺り動かせるか、という一点です。もちろん、社員一人ひとりの持つ個性や長所も、指導においてはとても大切。よくしゃべる教師、いつも笑っている教師、一見物静かな教師…英進館にはいろんなタイプの先生がいます。

 ただ全ての社員に共通しているのは、心の底から子供たちのことを想い、その深い愛情を相手に伝えられる、生徒たちのために全力を尽くせる、ということ。私たち大人も、自分のことを理解し、真剣に考えてくれている人が身近にいて、いつも励ましてもらえれば、格別の勇気がわいてきます。何事にも前向きに取り組めますよね。子供たちだって同じなんです。

 学生さんとの面接では、一緒にいて心地よいか、話をしていて楽しいか、という点をよく見ています。こんな言い方をすると、感覚的なものに思われがちですが、子供たちに「勉強っておもしろい!」「英進館に通うのが楽しい!」と肌で感じてもらうことが、勉強を好きになる初めの一歩ですから。理屈ではありませんよね。話をしていてこちらまでワクワクしたり、感動したり――そんな人には、殊のほか魅力を感じます。